ファイナンシャル・保険|セクハラで損害賠償を訴えられた場合の対策方法とは

【無料の企業PR広告】
■該当件数2件 | <前へ | 1 | 2 |
TOP > ファイナンシャル・保険 > 有限会社フィット総合保険(パワハラ保険)

セクハラで損害賠償を訴えられた場合の対策方法とは


仕事上上司と部下という立場で、断れない環境の中性的な嫌がらせをされるなど、異性から不快と感じる事をされる事をセクハラといいます。そのセクハラで訴えられるというのは、少し前だとあまりなかった事も最近ではセクハラの定義がしっかりしている事もありセクハラで賠償責任を訴える人も多くなっています。その場合、セクハラをしてきた上司を直接訴えるケースもありますが、雇っている企業側を訴えるというケースもあるため、会社側も十分に注意する事が必要です。
万が一会社として損害賠償を訴えられた場合、かなりの高額請求をされる事もあります。この場合、しっかり保険などに加入しておけば保険から保険金として降りる事もありますが、保険に加入したりと備えをしていなくて賠償金を請求された場合はかなりの痛手となるので注意が必要です。
会社として訴えられた場合は、特に獏代な金額になる事もあります。そう考えても、日頃から社員教育をしっかりとしておくなど企業としても備える必要があります。特にパワハラなど精神的なトラブルなどは雇われている人の人格に問題があるケースもありますが、企業としての責任を問われるとどうしても弱くなってしまいます。そこをつつかれた時にしっかり対応できるようにしておくことも大切です。