群馬県|整骨院での手根管症候群 太田市 かわうちはり灸整骨院

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |
TOP > 群馬県 > かわうちはり灸整骨院

手根管症候群

整骨院での手根管症候群 太田市 かわうちはり灸整骨院


手根管症候群とは・・・

手のしびれの原因として、特に多い代表的な病気です。
手の神経(正中神経)は、束になって手首の手根管というトンネルを通るのですが
このトンネルの中で神経が圧迫されることにより「しびれ」や「痛み」
さらには「指の動き」がわるくなったり、「筋肉のやせ(萎縮)」がみられます。

手のしびれは、親指からくすり指の4本に強く、決して小指はしびれないという特徴があります。
これは、なぜかというと、下図に示すように、手根管部で圧迫される正中神経が
親指からくすり指(厳密にはくすり指の半分)を支配しており
小指とくすり指の小指側半分はもう一つの神経(尺骨神経)に支配されているからです。

根管症候群の原因は?

手根管の部分が狭くなって神経が圧迫されるのが手根管症候群ですが、
なぜそのようなことがおきるのか?について原因不明のことが多いです。
原因不明の場合は、両方の手がしびれることが多いです。

女性に多く、妊娠・出産と関連して症状が出ることがあるので
女性ホルモンと関連する可能性もあると言われています。

そのほか、糖尿病、甲状腺機能低下症、リウマチ、腎不全(透析)
アミロイドーシス、自己免疫疾患などと関連して生じることが知られています。

しかし、手を酷使することが明らかに手根管症候群を悪化させることは事実です。
女性は家事や育児など手首を酷使しているので、この病気にかかりやすいのかも知れません。

手根管症候群の症状 ・・・

正中神経が傷つくことによる特徴的な症状が現れます。

@ 手のシビレ
指のしびれ、特に夜間、早朝に強いしびれが特徴です。
ここで「シビレ」につうての重要なポイントがあります。
・ 親指からくすり指の半分(中指側)がしびれる。
・ 4本すべてがしびれない場合もある。
  (たとえば、人差し指と中指にしびれが強い人もいます。)
・ 小指はしびれない。
・ 手のひらだけしびれ、手の甲はしびれない。

A 手の筋肉のやせ
症状が進むと、親指の付け根の筋肉(母指球筋)がやせてきます。
ボタンをかける、つまむなどの指先の細かい動作が困難になります。

ここで注意すべき点は
「症状が進んでいるにもかかわらず、むしろシビレが軽くなったように感じることがある」ということです。

どういうことかいうと、シビレを我慢しすぎていると、だんだんとシビレが軽くなり
筋肉の萎縮が進んできて、知らない間に進行してしまっている
ということも起こりえます(こうなると回復は期待できません)
したがって、早期に的確に診断されることが大切です。

治療・・・

適切な対応と生活環境の調製が大切です。

生活環境の中で、適切な対応を行うことにより、自覚症状を徐々に減らしていくことができます。

手首の安静を保つ
ギプス、サポーターなどを用いて、手首をあまり曲げたり伸ばしたりしなくてもすむようにします。
つまり、手首を安静に保つようにします。
特に、夜間、睡眠中には必ず固定具を用いることが有効です。

飲み薬(消炎鎮痛剤、ビタミン剤)の使用
症状が強い場合、痛みが強い場合には、いわゆる痛み止め(消炎鎮痛剤)を使用します。
また、ビタミンB12製剤も有効です。

ステロイド注射
手首の手根管に直接、ステロイド剤を注射する場合もあります。
これは、神経を誤って傷つけてしまう場合もありえますから、繰り返し行えません。

手術治療
症状が強い場合、または慢性的に長期に及んでいる場合
(手指の運動が困難になっている、感覚が高度に低下している、親指の根元の筋肉がやせてしまっている)には、手術が選択されます。
整形外科(特に手の外科の専門医)に相談しなければなりません。